2012年

11月

11日

プロフィール

デザインのしごとをしています。わたしの仕事の特徴は、カラフルな色と早くて効率的な作業です。プロフィールから、なぜそうなったのか垣間見えますので紹介いたします。

 

1971年12月25日、横浜市生まれ。勉強、運動を苦手とし、ほかに得意分野もなかったため高校、大学と美術系に進み人手不足とバブルが手伝い、そのまま渋谷にあったとあるデザイン事務所に就職決定。

 

当時はバブル。外車を乗り回し、社長は高級マンションに住み、毎夜繰り広げられる贅沢三昧。即座にバブルは崩壊し、戦力不足の社員としてクビ同然にて退社。
その後、秋葉原にある輸入代理店に勤務したが、地下鉄サリン事件が目前で起こったことをきっかけに退職。地元の横浜市にある広告代理店に制作として就職。作っていたものは、一色刷りの新聞折込求人広告。一週間に4部を発行するハードなものであったが、残業はしたくない!と奮起。仕事の効率化をはかり、即座にいくつも作るデザイン力も鍛えられた、と思う。


2000年 出産を機に別府市に移住。
今後どう生きるか。


結果、別府市にあったデザイン事務所に就職。コンペなどの仕事が多数。コンペでは、作業時間よりも「本質」をしっかり見極めることが大切で「調べる」事を重視。それでも、子どものお迎えがあるため9時~5時の勤務時間を遵守。仕事中に集中してすべての要素を頭に入れ、それをもったまま一度忘れて家で過ごすと翌日の朝、会社に向かう道でアイデアが登場することが多かった。あとは会社で形にするだけである。私は車に乗らない主義であったが、電車通勤と徒歩という時間はとても重要であった。
会社での別府市、日田市、豊後大野市、九重町などのポスター、パンフレットなど

 

2006年 九重町のポスターで日本観光ポスターコンクール銀賞受賞。
2010年 出産を機に退社。2011年 作家の宮木あや子、豊島ミホ、山本文緒さんら10名によるチャリティ文芸誌「文芸あねもね」の装丁デザインを手掛ける。

 

現在も、子育てを重視しながら自宅で仕事をしている。

 

目標は昔の商店のおかあちゃんみたいな仕事のしかた。

家とお店と繋がっていて,いつでも仕事も子育ても出来て、周囲の人がそれに理解があること。

日本人が一度捨てたスタイルではあると思うのだけれど、今の子どもたちを見ていると

働く母と一緒にいる、ということがもう一度見直されて良いと思うのです。

0 コメント

2012年

9月

10日

個展終了いたしました。

「八月のクラゲ」終了いたしました。

たくさんのお越しと、お買い上げありがとうございました。

とてもたくさんの出会いがあり、驚きのあったすばらしい1ヶ月間でした。

 

また、楽しい催しを考えたいと思います。

CUE CAFE+さんをはじめとするお力を添えてくださった皆様にも心より御礼申し上げます。

 

0 コメント

2012年

9月

01日

白い椅子

明日から、遠方から二人の大切なお友達が来てくれます。 どこにご案内しようかワクワクいろいろ考えては居りますが、 とにかくのんびりしてくださいね。 


そんな私は、本日もちょこっと北高架商店街に顔を出しました。 
北高架商店街では毎週土曜日に「スローリーマーケット」というフリマが行われています。 


最初はただのフリマだと思っていました、 が、 この一ヶ月間、このエリアを見ていて 「この商店街には商店街が元気になる為の大切な何かがある」と、気がついたのです。 


駅から向かって商店街の入り口には、私の個展会場でもある「CUE CAFE+」さんがあります。 そして、商店街の出口にはイカしたレコード屋さんがあります。 7月から8月別府龍宮から8月のクラゲ展が行われている間に、中央にリメイクデザイナーさんのお店が出来、 私の目の前で見る見る様子が変わって行きました。 


別府にはシャッター通りがあり、若い人たちが町を再生しようとしても どうにもうまくいかない事情があるようです。 
しかし、ここはそれがスムーズに行っているような気がします。 うまくいっていると思うのは、新しいお店がどんどん出来る、ということだけではなく もともとあるお店ともうまくいっているのです。 


気の流れが変わり、確実に新しい風が吹き始めたことを感じます。 人が集まり始めています。 


閉まりきって、ただモノがたくさん置かれている店がありました。 彼らはお店の持ち主と次第に打ち解けていきました。 そして、とうとう、そのお店をきれいな状態にした彼らに驚き、グっと来ました。 
よそからやってきて「再生」を打ち出す人々、自分自身も含めて 何か考え直すべきところがあるのではないかと思ったのです。 
いらないものは譲り受け みんなでもう一度生まれ変わらせて使う。 
ウチの椅子も、そのひとつです。 


都会で育った私にとって、街づくりというのは、企業がするものです。 企業が電車などを通し、大型商業施設をつくり、そこに暮らせる町を作って 人々はそこに住み、そこに働く そうゆうものだと思っていたのです。 
町は企業なんかではなく自分たちで作るものだ、と、別府に来てそれを知ってからも 今回のことで根本的にわかっていなかったことを思い知らされました。 


シャッター通りというものは「再生せねばならないもの」では必ずしもなく 誰かが突然持ってきた「再生へのシナリオ」なんて必要としない人だっている。 
まずはそこからいかなければならないんですね。 


彼らに敬意を評し、スローリーマーケットのHPを作ることにしました。 ただ、作るのはベースだけ、彼らが好きに役立ててくれたらな~と思っています。  

1 コメント

2012年

8月

19日

色が見える人々

個展会場のCue cafe+(キューカフェ)さんはとても不思議なところで、

とても不思議な人々が集まってきます。

私自身も、不思議に穏やかな磁場を感じるところでもあります。

龍神さまの通り道だというひともいましたが、そんな風に「目には見えないものが見える人」がたくさん集まってきていて、隣室でそんな人々が集まるイベントが行われていた今日はとても面白かったです。

 

今日は朝からお客さんたちが私を見て

「イタリアだよ、インドだよ、いや、インドにもいたかもしれないけれど、やっぱり地中海だよ」などと言っていました。

もちろん、そんな場所とはちっとも無縁出し影響も受けていないし、と、ぽかんと話を聞いていたのですが、彼らはマッサージや整体、気孔や何やかやのセラピーのプロたち。

その人たちがみんな、それぞれやってきて私に同じことを言うのです。

 

私の持っている色は、オレンジ(ピンク味がかった)その周りに青緑。

カードも見てもらいましたが、青緑の「死神」のカードが私のカードで死神は守り神様だそう。

表の自分と裏の自分がないそうです。(それはあたっており、唯一ともいえる私の長所です)

 

運命には逆らわず漂い続けていくことが良いそうです。

それは個展期間中に初対面で不思議系な何人かの人に言われました。

 

さらに、日本ではない明るい海の見える白い家に住んでいたことがあるそうで(前世?)そこでのびのび暮らしていたそうです。(もちろん現実にはそんな経験ありません)

先ほど「地中海だよ」と言っていた人たちが「やっぱり!」と言っていました。

 

が、

実は、海の近くの白い家に大人の自分がいると言うリアルな感覚を持っていたことがありました。

子どものころは「将来の自分の願望図」と思っており、いつでもどこでもそこにいる感じをリアルにイメージでき、そんなこんなで授業中も上の空。と言う妄想子どもで、大人になるにつれ次第にそのリアルな感覚と妄想は「夢見がち少女」と自分の中で処理され忘れましたが、そういわれて、はっと思い出したのです。

 

それは、未来の予想図ではなく過去だった!?(文字にするとうそ臭い~)

 

私には土着の「田園風景」「日本のふるさと」のような日本人のDNAに刻み込まれているはずのイメージがいまいちピンときていませんでした。

懐かしくて安心する、というより怖い感じがあります。

どうしてもその土地に留まり続けなければならないという感覚もよくわからないのです。

 

何なのかはわかりませんが、やっぱり自分は運命に流されていく運命で

「東洋のナポリ」と呼ばれる別府に来たのもあながち偶然だけではないのかもしれないと思いました。

 

と、いうことで、今後は安心してさらにのびのび流され続ける予定です。

 

キューカフェさんのお隣では不定期のようですが、そんな人たちも集まるようです。

是非遊びに来てください。

1 コメント

2012年

8月

06日

明日から公開です。

いよいよ明日から、にぎやかに展示が始まります。

 

搬入はいったい一人でどうするんだ!?と思いましたが

一人でも出来る飾り付けと荷物を少なく軽く、しかし展示は大きく華やかに!

という目的は果たせました。

2歳児を連れての搬入でしたが、無理なく済んだと思います。

 

全部の作品と展示に使った道具は中くらいのボストンバッグひとつに収まります。

重さもいつも持ち歩くバッグよりずっと軽いです。

 

実は、このコンセプト自体も私のデザインのひとつだと考えています。

簡単に軽快に大きな展示を身軽に持ち歩いて、いろんなところでたくさんの人に観てもらいたい、と考えいろいろアイデアを考えました。

 

また、展示の様子など紹介します。

明日から、是非遊びにいらしてください。

 

0 コメント

2012年

7月

31日

「8月のクラゲ」滞在日

いよいよ個展の日取りが迫っておりますが、家庭ではヨメ業務、母業務も行っており、会場に行ける日程もなかなか難しいものです。

でも、どんな個展に行っても、作家さんに会えるとただ観るだけよりも面白みが増しますので、やはり是非会場に来てくださった皆さんとはお会いしたいと思っています。

日程の詳細は、今後更新していきます。

 

トップにも更新していますが

8月はカフェの店休日もギャラリーのみ特別開催。をします。

 カフェはお休みですが、展示のみご覧いただけます。

〔特別開催日程

この日は私が居ります。

ゆっくりとお話できると思いますので、是非遊びにいらしてください。

8月12日(

●8月19日()●20日(月)

●8月26日(月)

また、25日は大分市の「アートマーケット」に参加しております(一つ前の日記参照)

 

また、7日、13日、17日、23日、29日は不在になります。

その他の日は不定期にて出没すると思いますので、お会いできましたらよろしくお願いいたします!

0 コメント

2012年

7月

31日

大分市アートマーケットに参加します。

アートマーケットのポスター
アートマーケットのポスター

今年もアートマーケットに参加します。

「アートマーケットvol.14」

★8月25日(土)26日(日)10:00~16:00

場所 アートプラザ(大分市役所隣)

 

私が参加するのは26日のみです。

いろんなイベントが行われるようですので、皆さま是非お誘いあわせの上ご参加くださいね。皆さまにお会いできるのも楽しみにしています!


0 コメント

2012年

7月

26日

個展まであと11日

こんにちは。

このHPにブログ機能がついているのをなんとなく~知っていましたが、練習がてら使ってみようと思います。

実はHPの仕事をしており、もっとJIMDOの使い方知らないと!というわけです。

HPデザインのお仕事で厄介なのは、更新や修正がお客様が簡単にできないこと。

扱いが楽なJIMDOなら、私でも作れるしお客様がその後自由にカスタマイズできるので、非常に良いと思います。

 

さて、個展の準備ですが、ひとまずひと段落。

なんせまあ、こう毎日暑いと毛糸や布と戯れるのはタダごとじゃなく

(現在室温34度)

梅雨が明ける前には終わらせよう~!と何とかがんばったのです。

 

現在CUE CAFE+では宮川園さんの「別府龍宮」が展示中。

11日後の8月7日からはとうとう私の「八月のクラゲ」が始まります。

展示の模様などどんどんあげていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

0 コメント
1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)
概要 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Copyright © 2012 haran Japan Co., Ltd. All Rights Reserved.